1. トップページ
  2. 妊娠前と産後のスキンケアはどう変わる?

妊娠前と産後のスキンケアはどう変わる?

とにかく、忙しくて自分は、裸で赤ちゃんを風呂から出して授乳してととにかくスキンケアの暇がありませんでした、少し大きくなっても瓶の蓋があるものは、私の中で却下でポンプ式が一番理想的でした。片手でプッシュして蓋をしめなくてもいいので、そして脂性になったので化粧水はつけますがふゆでも乳液などはつけなくなりました。

35歳 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→脂性

妊娠前の仕事は接客業であったため、いつも化粧ノリを気にしていました。スキンケアの時間を大切に色々試してお風呂でもしっかりマッサージしていました。出産後はもちろん自分よりも子供を優先するため、お風呂も素早くスキンケアはオールインワンを使っています。

27歳 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→体調不良が出やすい乾燥肌

スキンケアはできる時だけになってしまいました。自分に時間を掛けるのが難しくなったので十分な肌のケアはできていないと思います。お金も掛けられなくなったので、安い化粧品をたっぷり使って補っている感じです。

30歳 【妊娠前→産後の肌質】特にトラブルなし→シミができやすい肌質

忙しくてもお風呂に入った後化粧水を使わないと顔が突っ張るので必ずつけるようにしています。しかし、乾燥が気になるようになったので最近はもう少し値段がするものを買ってみたり、乳液もその上から使用したりしています。以前は安い化粧水1本で済んでいたのでやっぱり肌質は変わったと思います。

30代後半 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→乾燥肌、化粧品も選ぶようになる

産後のスキンケアは以前と同じ様に行っていました。化粧品も買い替えたりする事もなく、同じ物を使用していました。肌荒れが続いていたのですが、自分の肌に合った新しい基礎化粧品を探すという考えすら浮かばなかったからです。

28歳 【妊娠前→産後の肌質】普通肌で肌トラブルなし→乾燥肌、化粧品によっては肌荒れや化粧品負け

ノーメイクでした。洗顔に時間をかけられなくなったなどの理由もありますが、子供と肌が触れ合った時に影響がないように極力化粧品を使うのを控えました。化粧水も無添加の肌に優しい商品を選びました。

35歳 【妊娠前→産後の肌質】油っぽいが特にトラブルはなし→乾燥肌になり、色々な化粧品でトラブルが起きます

以前使用していたスキンケアの製品が肌に合わなくなってしまったので産後は敏感肌用のオールインワンゲルを使用して時短でスキンケアができるように工夫していました。オールインワンなのでこれひとつで化粧水や乳液、美容液の成分が入っているので本当に楽でした。

40代 【妊娠前→産後の肌質】普通肌でトラブル無しだったのが産後は、化粧品かぶれする敏感肌になりました

もともとケアは簡単に済ませる方で、化粧水と乳液くらいだったり、オールインワンゲルのようなもので済ませていたりしましたが、産後の忙しさと体の不調が重なったのを気に、何もしないケアを思い切って始めてみました。どうしてもの時だけワセリンをごく少量塗る方法です。何をつけてもダメだったので、何もしなくてもそれ以上ひどくなることもない上に手抜きが出来て、精神的に大変ラクでした。

30代 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→何をしても潤わない乾燥肌

妊娠前と変わらず、オールインワンの化粧品を使っていました。もともと面倒くさがりなので、オールインワンのみだったので産後も手間の掛からないものを使い続けていました。

30歳 【妊娠前→産後の肌質】たまにニキビが出来るぐらい→生理前後でのニキビ、目頭目尻を中心に湿疹

産後は肌質が敏感肌に変化してしまったので、スキンケア商品を赤ちゃんでも使用できる低刺激のスキンケア商品に変更しました。また、スキンケアに時間をかけることができなくなったので最低限のケアしかしなくなりました。

31歳 【妊娠前→産後の肌質】少し乾燥肌ぎみ→乾燥肌ぎみ&敏感肌

ナビ

Copyright (C) 2016 産後の肌質変化を予防するには? All Rights Reserved.