1. トップページ
  2. 産後の体調変化が肌質にも影響するのか?

産後の体調変化が肌質にも影響するのか?

産後体調面では、あまり風邪をひかなくなりました。内面的なものは、産後すぐには物凄く傷つきやすい感じになっていつも気分は最悪でした。なんで、こんな大変なことだって教えてくれなかったのだろうと自分の無知を棚に上げて赤ちゃんの世話の大変さを八つ当たりしたりしていました。

35歳 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→脂性

妊娠前までは仕事に出て生き生きと生活していましたが、出産後は育児に家事に追われています。ストレスを感じない性格のはずが、イライラしたり不安になってしまう事が多くなりました。ホルモンバランスが変化したからだと産婦人科の先生には言われています。

27歳 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→体調不良が出やすい乾燥肌

疲れが溜まりやすくなりました。ストレスが溜まるとお腹を壊してだるくなることが多くなりました。精神的にもリフレッシュする機会があまりないので、鬱々しくなってしまったこともあります。しかし主人が相談に乗ってくれるので最近は随分楽になったと思います。

30歳 【妊娠前→産後の肌質】特にトラブルなし→シミができやすい肌質

髪も産後に抜けたのが原因でいつもぺたんとなったような感じです。細かい毛もたくさんピピット出ています。産後にすぐ働きたいな〜と意欲があったのに、実際産後には育児が大変すぎて前向きに就活ができずにいます。

30代後半 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→乾燥肌、化粧品も選ぶようになる

寝不足が続いていて食事も以前より少なかったせいか、毎日疲れ果てていて体力も無かった様に思います。初めての育児という事で毎日緊張していましたし、不安もありました。ゆっくり休んだり楽しんだりすることも出来ず、心に余裕が無かったと思います。

28歳 【妊娠前→産後の肌質】普通肌で肌トラブルなし→乾燥肌、化粧品によっては肌荒れや化粧品負け

帝王切開だったため、痛みが長く続きました。身体が重く、手足に力が入らず、イライラする日が続き内分泌の検査を受けたところ、甲状腺機能低下症と診断されました。薬の効果が出るまでは、気持ちが不安定になり、身体は全身麻酔から覚めるときのようなだるさが続いたので本当につらかったです。しかし、子供を愛おしく思う気持ちに変化はありませんでした。

35歳 【妊娠前→産後の肌質】油っぽいが特にトラブルはなし→乾燥肌になり、色々な化粧品でトラブルが起きます

産後は初めての子育てで、慣れていないためにストレスが溜まっていました。いつもイライラして子供が泣きやまなかったりすると逃げ出したくなる様な気持ちにもなったりして、精神的にも少し追い詰められた様な感じになっていました。これではいけないと思ってなるべく家で子供と二人でこもらないように、公園などへどんどん出かけるようにして気分転換をしていました。

40代 【妊娠前→産後の肌質】普通肌でトラブル無しだったのが産後は、化粧品かぶれする敏感肌になりました

もともと冷え症だったのですが、それが悪化して夏にクーラーの効いたお店などにいると吐き気や下痢が起こることがよくありました。そのせいもあってか外出自体が億劫になり、いつ気分が悪くなるか分からないといった不安が常にありました。

30代 【妊娠前→産後の肌質】大きなトラブルなし→何をしても潤わない乾燥肌

風邪はほとんど引かなくなりました。内面的な部分でも、考え込んだりネガティヴな発想もしなくなったかもしれません。私が具合悪くなったら子供は誰が見るの!と言い聞かせてます。逆に少しでも違和感を感じたら病院に行くように心掛けています。

30歳 【妊娠前→産後の肌質】たまにニキビが出来るぐらい→生理前後でのニキビ、目頭目尻を中心に湿疹

元々、落ち込んだりしてもすぐに立ちなおるタイプなので、産後も気分などの内面的な変化はありませんでした。しかし、体調面でいうと腰痛がひどくなった気がします。やはり、赤ちゃんを抱っこしたり、授乳の姿勢が良くなかったたりしたため腰に負担がかかり、腰痛が悪化してしまいました。

31歳 【妊娠前→産後の肌質】少し乾燥肌ぎみ→乾燥肌ぎみ&敏感肌

ナビ

Copyright (C) 2016 産後の肌質変化を予防するには? All Rights Reserved.